ホーム  >  ホームメイト上本町店 ブログ  >  日々のこと

「日々のこと」の記事一覧(3件)

嵐 活動休止発表
カテゴリ:日々のこと  / 投稿日付:2019/01/29 22:59

 

先日、嵐が20201231日に活動休止に入ることを発表致しました。

 

列島全体で驚きの声が上がったことかと思います。

 

まず、休止を決定するまでですが、リーダーはよく自分の意志を皆に伝える事ができたなと感心しました。

 

レベルが全然違いますが、私も何社か会社を退職しておりまして、

辞めるって言うのは、心理的なハードルがけっこう高いんです。

何年も一緒に働いた同僚や給料を払ってくれていた経営者、ちょっと期待してくれていたかもしれない上司に対して、当然、申し訳ない感情がでてきます。



私がリーダーの立場でしたら、社会への影響がどれだけ出るかとか考えると、言い出せないだろうなと思いますので、リーダーは凄いなと純粋に思いました。(それだけ追い詰められていたかもしれませんが)

 

また、2年弱の猶予期間を設けて、更に、解散ではなく休止という、全方向に対して配慮のある発表だと思いました。

 

ファンは2年間、思い切り応援できますし

 

残されたメンバーは今後の身の振り方を考える時間もできますし。

 

事務所にも大きなメリットがあります。代理店への賠償も発生しないですし。

活動休止が決まってからファンクラブに加入する人が増えているそうです。

この2年間で1,000億円の売上が立つという報道もありました。

次のスターも育てる時間もありますしね。

で、解散ではなく休止ですので、復活イベントでまた盛り上げれるかもとか考えると、

このシナリオは凄くよくできているなあと思います。

 

不祥事で、純烈の人やTOKIOの人は、いきなり消えてしまった事を考えると、

すごく良いです。


話は大きく変わるのですが。今「終活」という言葉をよく聞きますが、嵐の休止表明は、まさによくできた「終活」じゃないかなと思います。

 

「終活」というと、資産の把握や葬儀や終末医療の考え方とかを周りに伝えておく事とか、ネガティブな印象がありましたが、残された時間を有意義に過ごす意識を、皆で共有できるポジティブな面もあるのかなと思いました。

 

嵐の活動休止を、不動産の話題に持っていこうしましたが、中途半端な「終活」の話で終わりました。ブログ難しいっすね。

 

もっと勉強します。

家売るオンナ
カテゴリ:日々のこと  / 投稿日付:2019/01/25 23:16


1
週間ぶりのブログ更新です

 

今週は、売買契約が2本と申込が1本入り、契約準備でバタバタしていましたので、更新ができませんでしたが、

 

今週の契約で、当社としては、2019年に入って1本目の契約が無事終わりました!!

 


ありがとうございました!

 

話は変わりまして、現在、日本テレビで「家売るオンナの逆襲」が放映されています。

 

2年半前の「家売るオンナ」が結構視聴率が良かったり、スペシャル番組が放映されてましたので、続編がでるだろうなと思ってましたが、1月から始まりました。

 

不動産に関係するドラマですし、放映も不動産会社が休みの水曜日ですので、毎週見ていますが、ちょっと前の時と比べると、微妙な感じになっているなと感じています。

 

まず、2年半前の時は、一般的な営業マンとは違う切り口で、お客さんに提案をしていく点が、かなり勉強になり、「ええ提案するなぁ」とか思いながら、楽しんでみてましたが。

 

今回は、まだ、個人的には前回ほどではないなと思っています。

 

何点か気になる点があるのですが、

 

まず、主演の北川景子さんのキャラの癖がだいぶ強くなっています。(ドラマの内容自体が面白いので、キャラをそんなに立てなくても良いのにと思ってます。)

 

次に、内容が斬新すぎます。

 

3話まで、見ましたが、「ユーチューバー」「ネットカフェ難民」LGBT等がテーマになっています。ちょっと攻めすぎなような。とか思っています。

 

ただ、今回このドラマを見て勉強になることもあります。

 

ライフスタイルや趣味嗜好が多様化していっているので、それに対応するような不動産会社にならないと駄目だよといったメッセージを勝手に感じています。

 

昔は、ファミリー層(両親、子供23人)に対しての間取りやアプローチが一般的でしたが、今は徐々に変わってきているような気がします。在宅で仕事をする為の部屋ができたり、鍵がカードになったりと、間取りに対する考え方やテクノロジーの進歩による新たな商品に対応する設備ができたりしていっていますし、これからもっと変わっていくと思います。

 

フリーランスの人が増えていっているみたいですので、金融機関もそういう人達に対応した住宅ローンも開発していってほしいなとかも思います。

 

不動産会社のイメージは、胡散臭いと思われている方が多いのかなと思いますが、

 

社会の流れに合わせて、我々、不動産会社も変わっていかなあかんなと、ドラマを見て再認識いたしました。

 

今年も頑張ります!

連休
カテゴリ:日々のこと  / 投稿日付:2019/01/15 14:39


昨日まで
3連休でした。

 

1月の第2週目の3連休は、働いている皆さまや学生さんにとっては、年末年始休暇、冬休みが明けた後にやってくる最高の3日間だと思います。

 

が、我々、不動産会社で働く者にとっては、当然、出勤していますし、それどころか不動産シーズンのスタートでもありますので、いつもよりも気が張っています。

 

ハッピーマンデー制度ができてから、「成人の日」が、115日から、第2月曜日に変更になり、三連休が増えてしまいました。

 

本来意味があって115日にしてたはずやのに

 

とか思いながら、3連休をうらやましく思いながら、過ごしています。

 

また。今年は10連休もありますので、どうしようかなと思ってます。

 

お休みの方が多いので、出勤して仕事をしている方が良いのか、国家のお祝い事ですし、休んでる方が良いのか。
ンフラ関連にかかわる職種以外は、強制的に休みにしてくれればいいのにと思っています。

働き方改革も進めないといけないですしね。

 

話は変わりまして、昨日は「成人の日」でした。今年の新成人数は125万人との事でした。イメージしてたよりも多いなと思ったのですが、

私が成人式の年(1995年)は201万人だったことを考えるとだいぶ減っていますし、2037年の新成人は100万人を割りこむそうです。

 

そうなると社会保障やインフラが維持できないとか、労働人口が足りないとか、色々な弊害がでてきそうな気がします。

 

これらのニュースを見て思うことは、人口を増やすには、新婚さんや子育て世代に対して、もっともっと手厚いフォローをしていくしかないんだろうなと思います。

 

政府もいろいろな政策をしていますし、今後も教育費の無償化等どんどん手厚い政策をしていくことかと思います。

 

当社も、これからは、かなり微力ですが、新婚さんや子育て世代の方にもっと喜んでもらえるようなサービスを考えていくぞ!

そう思った3連休でした。

ページトップへ